現在特定されている専門分野とは?

専門看護師とその分野

専門看護師とその分野

専門看護看護師とは英語でCertified Nurse Specialistといいます。専門看護師になる為には日本看護協会による専門看護師認定審査に合格する必要があり、解決困難で複雑な看護問題を抱えている個人や家族・集団に対して、高い水準の看護ケアを提供することが求められます。

その為には専門看護分野の知識と技術が必要となり、専門分野におけるスペシャリストだと言えます。 実践・相談・調整・倫理調整・教育・研究の6つの役割を果たして、保健医療福祉の発展に貢献すると同時に看護学の向上を図ります。

認定を得た後もレベルをキープする為に5年毎の更新審査を受けなくてはいけません。更新審査の際には看護実践の実績や研修実績、研究実績などが問われます。最近では看護大学が増加傾向にあり、それに伴って看護大学院も増えています。

大学院への進学率も上昇しているので、他の業種と同じ様に看護師も高学歴化が進んでいると言えます。どんどん医療が高度化し、それに対応できる看護師が求められていることが要因となっています。

以前は大学院修了後のキャリアアップ方法といえば、主に研究者になるか教育者になるかの2択しかありませんでした。しかし、日本看護協会が大学院の特定専攻科を専門看護分野として認めたことによって専門看護師制度が創設され、専門看護師が活躍できる場が広がりました。

特定されている専門分野を紹介します。

・がん看護(Cancer Nursing)
・精神看護(Psychiatric Mental Health Nursing)
・地域看護(Community Health Nursing)
・老人看護(Gerontological Nursing)
・小児看護(Child Health Nursing)
・母性看護(Women's Health Nursing)
・慢性疾患看護(Chronic Care Nursing)
・急性・重症患者看護(Critical Care Nursing)
・感染症看護(Infection Control Nursing)
・家族看護(Family Health Nursing)