看護専門学校への進学について

看護専門学校に進学して看護師を目指す

看護専門学校に進学して看護師を目指す

看護師になるためには看護師国家試験を受けて合格する必要があります。看護師国家を受けるには受験資格を満たさなければなりません。受験資格を満たす方法としてもっともポピュラーなのが【看護専門学校】に進学することです。

看護専門学校で所定の単位を得て卒業すると受験資格を得ることができます。なんと日本の看護養成学校の約80%の割合を占めており、多くの人たちが看護専門学校を卒業し、看護師として医療などの現場で活躍しています。

高校卒業

看護専門学校(3年制、定時制は4年制)

看護師国家試験に合格する

看護師

このような流れになります。看護専門学校というのは全国に数多く存在し、学校それぞれに特徴があります。なので、まずは自分が将来どのような看護師になりたいのか、どういった現場で活躍したいのかを決めなくてはいけません。目指す看護師像というものをよく考えてから進学先を決定したほうがいいでしょう。

だいたいの看護専門学校は3年制ですが、保健師・助産師の養成課程がある学校では4年制となります。 保健師・助産師といった総合カリキュラムが併設されている学校に進学すれば看護師・保健師・助産師の国家試験受験資格が得られるので、選択肢が広がると言えます。

看護師専門学校は学習時間の3分の1が看護実習となります。2、3年制にもなると実際に病院や保健所で学習することが増えるので、大学や短大よりも実践的なことが学べます。なので看護師国家試験に合格した後は即戦力として期待されます。

この看護専門学校に進学する為には他の学校と同様にまず入試に合格しなくてはいけません。入試は各専門学校によって違いますし、受験科目も様々です。大きくわけて高看レギュラー、准看・第二看の3つがあります。

高看レギュラーは高卒以上を対象とし、一般的に英語・数学・国語が受験科目となります。准看は中卒以上の准看護師を対象とし、一般的な受験科目は必須が国語+英語または数学となっています。第二看は准看免許取得者が高看へ進学する場合のコースであり、全日・半日、隔日の2つがあります。